ジェネリック(後発)医薬品について

2年程前より、このジェネリック医薬品という言葉を耳にされることがあると思います。
テレビのCMでも盛んに流れているこのジェネリック医薬品とはどういう薬なのでしょうか?

一般的に医療用医薬品というのは、先発医薬品とジェネリック医薬品の2種類に大別されます。先発医薬品というのは、新薬と言われるお薬で、このお薬には開発コストとして10億円単位のお金と、安全にしようできるまでに数々の安全性試験を繰り返して、10年という月日をかけて医療用医薬品として世に出てきます。

しかも発売されてからでさえも、市販後直後調査という安全性に関する調査があります。このように、長い年月とお金をかけてようやく使用できるようになった医薬品が、他の会社にすぐ真似されてしまっては、開発時にかけてきたお金、時間や労力というものが、横取りされてしまう格好になるのです。

そこで、この新薬を真似されないために開発したメーカーは特許という形で10年から20年の間、保護するのです。

一方、ジェネリック医薬品ですが、先発医薬品と医薬品成分が同じであるために開発するためにかかるコストがかかりません。また、これも医薬品成分が同じであるとの理由から安全性試験を行わずに済みます。

そして、お薬を形作ったり、徐々に溶け出すために含まれている添加物が違うために先発医薬品より安く販売することが出来ます。

その代わりに、特許期間中は販売することが出来ないため、患者さんは新しい薬を使うことが出来ません。また、医薬品成分は同じでもそれに含まれている添加物が違うために先発医薬品と同じ効果が出ない、薬が効果を発揮するまでの時間が違うなどの弊害が起こることもあります。

現在、盛んにテレビのCMが流れているような「同じ薬が半額になる」というのは、嘘ではありませんが全く適当であるともいえないのです。なぜなら、薬の値段というのは、国で決められており半額になる薬もあれば、ならない薬もあります。

そして、私たち薬局薬剤師が、患者さんにお薬をお渡しするときには、お薬だけの値段を請求しているわけではなく、少々の手数料も頂いております。ですから、全ての患者さんが半額になるとは言えないのです。


この度4月1日より、厚生労働省は医療費抑制の一つとしてジェネリック医薬品への切り替えを推奨しています。色々な情報が飛び交う中でその情報に惑わされずジェネリック医薬品に切り替えたことで弊害が起きないためにも、お薬を受け取るときにはどうぞ気軽に薬局薬剤師にご相談ください。